カンバス

 
「前の車、遅くない?これだからサンデードライバーはな。ほんと困るわ~。」
 
ってブツブツ隣で言ってるひとがいて
助手席に乗ってたわたしは ハッ!それだ!!と
 
アトリエに戻ってすぐ『サンデードライバー』というタイトルの絵を描き始めたんだ。
こちらは、その一部分。
 
あなたのこぼした愚痴が、わたしの描く絵のキラキラの部分になってるなんて
さぞ知らないことでしょうね。
 
 
日常の生活には面白いことがたくさん溢れていて、みんな気づいていないだけ~。