鉛筆ひとつでどこへだって~

 
もうちょっと、もうちょっと、の延長線上。
 
 
来週、表参道にオープンするカフェのお手伝いをしている今日この頃。
スタッフさんしかいない空間をずっと見ていて、
実際にオープンしてたくさん人が入ってくると絶対感動するだろうなと思いふける。
 
身体はきついはずなのに楽しいのはカフェがほんとに好きやけん。
関わってる人たちが素敵やからってのもある。
 
目の前のことに真剣になれるってそこらへんの才能よりすごいと思う。
わたしにゃ、その真剣さが足りんのやと思う。
もっと睡眠時間けずって絵を描く。