残像

 
街中にのこる雪たちは、数日前に突然降ってからいまだ溶けない。
 
それらはあまりにも真っ白で
キャンバスにチューブから白の絵の具を直接おいてしまったかのような不自然さ。
 
チミ、そこにいて大丈夫かい。
 
 
相変わらず雪が積もっていても春みたいな格好で街中を歩き
いっしょにいる人には恐ろしがられる。
 
雪山のプチ登山家である母のもと、薄着で育てられたので普通に風邪は引いたことない。
昔、人生初めてダッフルコートを着て福岡の街を歩いたことがあるけど
その日にめちゃくちゃ体調悪くなって倒れたくらい。
それからもう二度と厚着なんかせん!と誓ったね。
おかげでこの様。
良い子は絶対マネしないでね。