この街で過ごす最後の秋

 
金色のじゅうたんを歩けるのも、あとすこし。