余裕をどうぞ

先週はちょっといつもより人に会いすぎた。
上島珈琲のすみっこで一人っきり金胡麻ミルクコーヒー。
余裕をもとう。
このあいだ知らないおばあさんが
亡くなったご主人のものを捨てようとしていて
「いいんですか。とっておいたほうが…」と声をかけると
「いいのよ、もう帰ってこないんだから。」と笑顔で返されて。
思わずわたしは顔にでてしまったようで
「そんなに悲しい顔しないで。あなたは優しい人なのね。」
と言われて涙をグッとこらえた。
そのおばあさんはわたしの大好きだったおばあちゃんによく似ていた。