【glossing over】

489toop

2012年秋の個展『glossing over』の様子です。

hhgfd

yytr

「本音」をテーマにした展示なのにも関わらず、
個展のタイトルは『glossing over』意味は「きれいごと」。

今にもはりさけそうな感情を押しつぶし、平然を装い
心の中で叫び続ける現状を現しました。

ご来場、誠にありがとうございました。

-作品紹介-

naiteirunokawaratte5

泣いているのか笑っているのか

jibungakawareba

自分が変われば世界も変わる

ほんと、そうだと思ってる。
世界は変わらないかもしれないけど、世界が変わってみえるようになるから。

広告