今日もいっぱい働くぜよっ

疎外感とか不信感とかの積み重ねのおかげで出来た絵がたくさんあって。

周りを遠ざけて、いつもすすんで孤独を選んできたじぶんだからこそ
誰かのとなりに寄り添えるようなものを描きたくて。