タイトル 見返り

moblog_35321012p1

アトリエの端っこに立てかけてある。

絵に説明とか意味とか言うのって
ものすごく恥ずかしいことで、ものすごくもったいないこと
だと思うんだなあ。

いろいろ想いがある。
感じてほしい。

わたしは悲しいことや嬉しいことを口にすることができない
大人になってしまったんだ。
そのぶん抱え込んでいたものが絵に溢れてしまっている。

今、大きな作品をアトリエにこもって制作している。
孤高の画家のような生活をしている。
こんな日々が一生続くのが理想だなと思う。

現実は、他にもしなくちゃいけないことが山ほどあって
けどそれも全部この道をゆくための架け橋。

広告