パウル・クレー展

今、国立近代美術館でやってるクレーの展示を観に行ってきたにょ。

新鮮だった!
まず展示風景がクレーの絵のようで、迷路みたいやった。

味のある線や、繊細で軽快な線に、ワクワクした。
ダイナミックでいて意外と細かくてびっくり。

印象的だったのが、クレーが昔、描いた絵を人にわたして
何年かしてクレーの手元にそれが戻ってきて、
その絵を観てまた同じ絵を描いたんとね。
その、2枚の絵がいっしょに展示してあった。
後から描いた絵が、なんだかグッと引き締まってるように感じたよ。

んー。楽しかった。でも、人が多すぎたよー。さすが。