24

oil.jpg

ハードな現実についていけなくて感情がどんどん冷めていった。

「絵をかく人がそんなんでいいん?」

目が覚めた瞬間だった。

現実にのまれて絵すら描けなくなってた。

今日バイトとバイトの合間に、カフェで一週間ぶりに絵をかいた。
きもちよかった。

勝手に手が動く。
モチーフがないのに手がとまらない。

そうだ、あたしが辛かったのは
上司にぼろくそに言われたからじゃないのかもしれない。
ハードで体調が悪くなったからじゃない。

本当は心の底で 絵が描きたくてしかたなかっただけなのかも。

忘れていた感情。

もう二度と見失いたくないと思ったよ。